パワーポイント(PowerPoint)の無料テンプレートもダウンロード可能

パワーポイントデザイナー募集中!!

MENU
パワーポイントの上手な使い方
パワーポイント動画マニュアル
サービス(有料)
メールマガジン(無料!!)
ダウンロード(無料!!)
その他
お勧めリンク
パワーポイント専門デザインテンプレートショップ
泣ける!!プレゼンテーションへの8つのステップ
プレゼン本のサポートはこちら!
 
メールマガジン

マガジン名
 
実践的!!プレゼンテーションの『コツ』講
−プレゼンテーションとパワーポイントのコツを学べるメールマガジン−
(マガジンID:0000127202)
概要
(説明文)
ビジネスで不可欠な「プレゼンテーション」には、多くの『コツ』があります。
筆者が10年の歳月を掛けて習得したプレゼン資料の作り方、パワーポイントの使い方について、より実践的な『コツ』を学べるメルマガです。
発行周期
ほぼ隔週刊 (隔週金曜日)
発行元
サイト
http://www.nakeru-p.com
まぐまぐ
公式掲載
http://www.mag2.com/m/0000127202.html
バック
ナンバー
(自サイト) http://www.nakeru-p.com/melmag_bkno.html
(まぐまぐ) http://blog.mag2.com/m/log/0000127202
読者登録・解除
読者登録する場合は、以下のフォームに「メールアドレス(abc@xxx.co.jp)」を入力し、[登録]ボタンを押してください。読者登録を解除する場合は、以下のフォームに「メールアドレス」を入力し、[解除]ボタンを押してください。
なお、本メールマガジンは無料!!で購読できます。

まぐまぐ
メルマガ登録
メールアドレス:
メルマガ解除
メールアドレス:




サンプル誌(創刊号)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                   
  ───────────────────────────────  
    実践的!!プレゼンテーションの『コツ』講座 No.001号     
  ───────────────────────────────  
 −プレゼンテーションとパワーポイントのコツを学べるメールマガジン−  
                                   
                          購読者数0000名  
                                   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今やビジネスマンにとって必要不可欠となった「プレゼンテーション」を成功
させるためには、多くの『コツ』があります。
 1.どのようにプレゼン資料を準備するのか?
 2.パワーポイントでどのように作成するのか?
 3.発表方法は?
筆者が10年の経験から学んだ、より実践的で、より最適なプレゼンテーション
方法を伝えるメールマガジンです。
なお、本メルマガの内容は、以下のサイトで書ききれない、より詳細なスキル
をお伝えするものです。全体像は以下のサイトをご覧下さい。
http://www.nakeru-p.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】プレゼン資料準備の『コツ』 ・・・「気持ち」が一番!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●最近、仕事をしていると、プレゼンを見たり、聞いたりする機会が増えたと
思いませんか?パワーポイントが登場したからなのか、そのようなニーズが先
のなのかは、定かではありません。

●他人がプレゼンをやるのを見ているとなんとなく簡単そうに見えますよね?
でも、実際に自分がやると大変です。それは、本を読むのと、書くのでは、全
く労力が違うのと似ています。
「いやー、あんまり面白い本なので一日で読んじゃったよ。」なんて聞きます
が、その本の作者は、何日・何ヶ月も掛けて本を書いているはずです。

●それと同じように、例えば、1時間のプレゼンを「見る」のは簡単ですが、
1時間のプレゼンを「やる」となると1時間では終わりません。少なくとも1
週間、長ければ数ヶ月ぐらいかかることもあります。それくらい「見る」のと
「やる」のでは違うのです。

●ところで、皆さんは、プレゼンを「やる」立場になった場合、何から始めま
したか?
 ・市販の本をよんだり
 ・インターネットを調べたり
 ・会社で上手な人に聞いたり
 ・セミナーを受けたり
といったところでしょうか?これはこれで正しいアプローチだと思います。

●私も同じようにプレゼンのセミナーに参加したり、本を読んだりしました。
しかし、今、これらの本を読み返すと、どうしても、

            「違和感を感じる。」

のです。それは、これらのセミナーや本が、どうしてもスキルの習得のみに走
りすぎている、と感じるのです。確かにプレゼンを成功させるためには、多く
のスキルを必要とします。
 ・どうやって情報を収集して、どういう構成でまとめればいいのか?
 ・パワーポイントを利用してどのように美しい資料を作成するのか?
 ・プレゼン(デリバリ)でどのような方法で話をすれば説得力が増すのか?
などです。これらのスキルは重要です。

●しかし、プレゼンにはそれだけではない「何か」が必要です。その「何か」
とは、何なのか?それが”気持ち”なのです。もっと強く表現するなら「魂」
と言っても良いです。

       「では、なぜ、気持ちが重要なのでしょうか?」

●それは、プレゼンテーションの目的は、最終的に聞き手に何らかの行動を起
こしてもらうことだからです。例えば、ビジネスプランであれば、投資家に資
金を提供してもらう、という行動を起こしてもらうことが目的です。また、事
業戦略であれば、役員に承認してもらうことや部下に同じ方向性で協力しても
らうことが目的です。

●プレゼンテーションのテクニックを駆使してパワーポイントを操り、上手に
かっこよくやりとげることが目的ではないはずです。しかし、プレゼンテーシ
ョンを上手にやり遂げようとするとどうしても本来の目的を忘れがちです。

●つまり、プレゼンテーションの多くは、聞き手の心に訴え、聞き手に共感し
てもらい何らかの行動を起こしてもらうことが目的なのですから、テクニック
ではなく、気持ちを込めて説明することが重要なのです。

●そしてその強い「気持ち」に対して、人は共感したり、呼応したりするもの
です。ですので、プレゼンの成功の『コツ』は、

            「気持ち>スキル」

ということなのです。(^-^)/

●ただ、気持ちを充実させるだけで、プレゼン資料がまったく必要ない、とい
うのも現実的ではないと思います。ですので、次号より、プレゼン資料の準備
の手順と、その手順での『コツ』をお伝えしていきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】パワーポイント修得の『コツ』 ・・・・使いこなす機能は10個で十分!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●プレゼンをやることになった場合、マイクロソフトのパワーポイントは、い
まやスタンダードで避けては通れないツールですよね。私も大好きなツールで
す。なにしろ、図を描くには非常に単純で分かりやすいのが気に入っています。
Wordにも作図機能がありますが、遅いし、複雑なのでイライラしますからね。

●しかし、パワーポイントには、プレゼン資料を作るための様々な機能(ウィ
ザード機能やスライドマスタ)が用意されていますが、逆に、機能が多すぎて
もっとシンプルに、もっと素早く資料が完成できないのか?と思うことはない
でしょうか?
特に初心者の方にとってパワーポイントのすべての機能を学習するのではなく
必要最小限の機能だけ学習したいと思われるのではないでしょうか?

●これは正しいアプローチだと思います。例えば、車の運転を考えた場合、車
の操作マニュアルをすべて読む人は少ないですよね?車は目的地に到着するた
めの手段であり、車の機能はそれに付随するものです。(車好きの人は別です)

●これと同じようにパワーポイントでのプレゼン資料作成も、機能を理解した
いのではなく、如何に必要最小限の機能で、無駄なく、美しい資料を作成する
ことができるのか?が重要です。

●そこで私が過去の経験から必要最小限と考えている機能は以下の10個です。
 (1)スライドマスタ編集
 (2)アウトライン
 (3)図形描画
 (4)順序
 (5)配置/整列
 (6)図形の変更
 (7)線の作成の作成
 (8)図の挿入
 (9)塗りつぶしの色、線の色
 (10)配色

簡単ですよね?この10個の機能をマスタするだけで、美しい資料が作成できま
す。ぜんぜん大丈夫です。パワーポイントなど恐れる必要はありません!!

●ただ、それぞれにちょっとした『コツ』があるので、それをお伝えします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■3.読者ご相談コーナー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●プレゼンテーションについての皆さんの疑問点や不明点、ご質問等をお送り
ください。本メルマガ上で回答させていただきます。
例えば、
 ・プレゼンの準備はどういう手順で進めればいいの?
 ・パワーポイントでてっとり早く資料を作成する方法はどうするの?
 ・プレゼンで発表する際の注意点は何?
など、プレゼンテーションに関するものならなんでも結構です。
なお、ご相談は、http://www.nakeru-p.com/other_question.html に
アクセスしてホームページから送信ください。お待ちしてマース。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■4.編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●創刊号をついに発行しました!!(^-^)/
プレゼンテーションには、大きく3つのスキルが必要だと思っており、今後も
余すことなくお伝えしていきたいと思います。

●ただ、本音をいえば、プレゼンテーションってどこまで凝るのか?という部
分も多いです。これは、文書化(ドキュメント)と同じですね。
ビジネスマンの場合、報告書などの文書化のスキルは基本的なものですし、
プレゼンテーションは、この基本スキルに+αしたものです。そのため、英語
を話すのとは異なり、曲がりなりにもある程度のプレゼンテーションは誰でも
できるはずなのです。

●それでも、10年間、自分が蓄積したスキルは、ビジネスマンになりたての社
会人や、急遽、プレゼンテーションを行うことになったビジネスマンの方々の
お役に立てるのではないか?と思い、思い切ってホームページの公開、メール
マガジンの発行に至りました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  バックナンバーの閲覧、購読登録・解除、ご意見・ご感想
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□”実践的!!プレゼンテーションの『コツ』講座”のバックナンバーは、
 こちらから。
 http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000127202

□”実践的!!プレゼンテーションの『コツ』講座”の購読登録・解除は
 こちらから。
 http://www.nakeru-p.com/melmag.html

□”実践的!!プレゼンテーションの『コツ』講座”では、幅広くご意見・
 ご感想をお待ちしております。ご質問・ご意見はこちらまで。
 http://www.nakeru-p.com/other_question.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  発行元
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□発行元:実践的!!プレゼンテーションの『コツ』講座
□担 当:杉田恭一(ナケルワタル)
□e-Mail:wataru@nakeru-p.com
□URL :http://www.nakeru-p.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本メルマガは転送はOKです。良かったら知人の方やお友達にご紹介ください。
ただ、その際は、全文を改変せずに転送・回覧ください。

こんなプレゼン本が欲しかった!!

プレゼン標準ハンドブック

プレゼンに必要な8つのステップをより詳しく 「1冊」 にまとめました!!
すべてのビジネスパーソン必須の書
ただいま「無料」の概要版をプレゼント中!!
詳細は、こちら 詳細は、こちら


メールマガジン
プレゼン資料を作成する際の実践的な『コツ』
パワーポイントのTIPS(便利な機能)
など、本サイトでは書ききれない、より詳細で実践的な情報を隔週金曜日にお届けいたします。
皆さんにとってきっと役立つ情報と思いますので、ぜひ、ご登録ください。
メールアドレス:
今なら「PowerPoint2003」が7,480円で買えます!!
1年間は機能制限なし!!
後日、正式なOffice製品を購入すると7680円がキャッシュバックされるので安心して使えます。
とりあえず使ってみたい、という方にはおすすめです。
プレゼンテーション」 関連本を検索できます。
送料は1,500円以上の購入で無料。
お支払方法はクレジットカード、代金引換、Amazonギフト券で購入可能。
最速で1〜3営業日に届けてくれます。

 
パワーポイントの上手な使い方はじめに1.スライドマスタ2.アウトライン3.図形描画4.順序5.配置/整列
6.図形の変更7.線の作成8.図の挿入9.塗りつぶしの色、線の色10.アニメーションさいごに
パワーポイント動画マニュアルお申し込み動画マニュアルの使い方よくある質問(FAQ)
研修講師プレゼン資料代行作成メールマガジンメールマガジンバックナンバー
パワーポイントテンプレートダウンロードパワーポイントサンプル図形ダウンロードテーマギャラリーテンプレート
 
Copyright(C) Presentation Literacy All rights reserved. 2005
パワーポイントの上手な使い方
※本サイトはリンクフリーです。ただ、連絡いただけると嬉しいです。
※「パワーポイント(PowerPoint)」は、Microsoft Corporationの登録商標です。